置き方・飾り方が大事!健康運を上げる3つの法則

- 置き方・飾り方が大事!健康運を上げる3つの法則

置き方・飾り方が大事!健康運を上げる3つの法則

「身体は資本」と言われるように、健康はとても大切なものです。
特に、職業によっては健康運を重視する人もいるのではないでしょうか。
ですが、場合によっては家の中が綺麗でなかったり、知らずのうちに運勢を下げている可能性もあります。
そんな健康運を上昇させる3つの法則があるので、見ていきましょう。

寝室は清潔に

よく占いで言われるのが、寝室を綺麗にすることです。
白を扱うところなので、この場所が汚いとリラックスできずに快適さも失われます。
もちろん、寝室だけではなく、部屋全体を綺麗にするのがベストですが、寝室は1日の疲れを休めるところなので、清潔は保ちましょう。

水場は健康の象徴

水回りは金運も関係しますが、健康運にも上がります。
湿気があると悪い気が入ります。
体の調子が悪いと思ったら、水回りを疑ってみるのをおすすめします。
いつの間にか汚くなっている可能性があります。


玄関の鏡は右に置いて

玄関を掃除するのはもちろんですが、右に鏡を置くのが良いです。
右は「人を招く」と言われるので、仕事運と健康運の2つを上げることができます。
ただし、鏡は頭まで映るものや、玄関の正面に置かないなど、置き方によっては注意が必要です。

綺麗さを維持すること

健康運を上げるにはは家の中を綺麗にするのが効果的です。
毎日出来ない場合でも、定期的に清潔にすることで、運気を下げるのを抑えます。

ちゃんとしたものを食べても調子が出ない、水場がいつも汚い場合には、運勢が下がっている兆しかもしれません。
前述した3つの法則は占いではよく挙げられるものですが、健康で気になることがあれば、見直してみてはいかがでしょうか。